新着・イベント情報NEWS & INFOMATION

イベント

【9/1】グランドオープニングイベント 越ちひろライブペインティング

2019.07.20

◆イベント情報◆ グランドオープニングイベント 越ちひろライブペインティング

越ちひろ展のグランドオープニングを飾る、音楽と即興絵画の競演! キラキラを特徴とした絵画や壁画制作などと並んで、越ちひろの創作活動のなかで注目される「ライブペインティング」。 長野出身のシンガーソングライター・ヒグチアイ、サックスとキーボードのデュオユニット・buddy-ryca(バディリカ)と、越ちひろの絵画が未体験のアート空間を出現させます。

\ご予約は各プレイガイドから/
アートまちかど (tel:026-272-4152)
更埴文化会館(tel:026-273-1880)
上山田文化会館(tel:026-275-0500)
セブンチケット(http://7ticket.jp/s/076213/p/20190901/1

◆公演情報◆
日時:2019年9月1日(日)14:00〜(開場:13:30)
会場:更埴文化会館 あんずホール
出演 : 越ちひろ、ヒグチアイ 、buddy-ryca(バディリカ)
ライブチケット料金(前売):一般 1,000(900)円、大学・高校生 500(400)円、中学・小学生・未就学児・障がい者 200円
※展覧会パスポートとは別にライブチケットが必要になります。(チケット限定710枚)

\前売りチケット購入特典/
越ちひろ作品《TIME cross the seasons》(夏)ポストカードをプレゼント!!

 

==

\同日開催/ おもてなしキラキラフード
時間:10:00〜 会場:更埴文化会館 屋外スペース

◇カリスマラーメン店主・塚田兼司「コラボラーメン」振る舞い!!
 展覧会パスポートをお持ちの方、先着100名様限定!
◇ストーリーオーナーシェフ・有賀弘隆「コラボスイーツ」限定販売!!
 千曲市名産の杏を使ったキラキラジェラート!

==

 

【出演者プロフィール】

ヒグチアイ|Ai Higuchi
平成元年生まれ。シンガーソングライター。生まれは香川、育ちは長野、東京在住。2歳のころからクラシックピアノを習い、その後ヴァイオリン・合唱・声楽・ドラム・ギターなどを経験、様々な音楽に触れる。メロディアスな高速ピアノリフに乗せた、まっすぐに伸びるアルトヴォイス。ピアノと一体になった小さな身体から振り絞られる熱情が、時にたおやかな美しさを、時に心かきむしられる焦燥を、時に喪失の中の光を描く。独特な視点で感情の機微を歌う彼女の根底に流れるのは、自己肯定への渇望。自身を手放しで肯定できない故の、他者への執着や嫉妬、裏腹にあふれる慈悲深さが、聴くものの琴線を揺らす。叱咤激励を感じさせるその歌声は、老若男女問わずじわじわと中毒者を増やし続けている。2019年秋、3rd ALBUMをリリース予定。

 

buddy-ryca|バディリカ
 菅原敏 (pf/key)& ERYCA(sax/vo)
ジャンルを越えた独特の世界観をもつ、同郷二人による兄妹的ユニット。

菅原 敏|Bin Sugawara(pf/key)
大学卒業後、作編曲家を志し東京の音楽系専門学校へ入学。2005年、同期のメンバーにてピアノトリオ 『Re-trick』 を結成。1stアルバム『Colors of Agenda』が2008年タワーレコードジャズ部門日本人2位、ジャズ総合5位のセールスを記録。 一躍JAZZ界の窮児となり全国11ヵ所に及ぶツアーを敢行。2009年10月7日3rdアルバム「EVIDENCE」をリリース。発売早々タワー・レコードJAZZウィークリーチャート2位となり勢いは止まる事なく2012年10月Sony Music Distribution(JAPAN)Inc.より5thアルバム「re:retrick」をリリース。2014年3月、前作から2年振りの6thアルバム「fauvic」がAmazonの予約数でJ-JAZZ部門ランク1位、billboard JAPANのチャートを賑わせた。また、『Yaya’s Song Project』にて、ボーカル青山佳代のプロデュース、ピアノ、キーボードを担当。 メロディを生かしつつ新鮮な響きを持つコードワーク、 アレンジにも定評がある。

ERYCA(Vo/Sax)
奥州市江刺区出身。幼少時から音楽と共に育ち、高校在学時から「TAMA CHARLES & HIS BAND」の一員として音楽活動を開始。高校卒業後、VANTAN芸術学院へ入学。卒業後は東京を中心に活動。2004年からは地元岩手に拠点を移し、「TAMA CHARLES & ERYCA」として音楽活動を本格化させる。同時期に日本を代表するサックス奏者であるボブ斉藤氏に師事する。
2016年5月 長野県サントミューゼ上田市立美術館にて、画家の越ちひろとライブペイントセッション。好評を博し、その後もセッションを重ね話題となる。現在、柴田敏孝とのButterfly Effect Projectの活動や、村上“ポンタ”秀一、伊藤ハルトシ、佐竹彩とのユニット「Sylf -シルフ- 」など様々なユニットでのライブ活動を全国で展開。また、地元新聞紙上でコラムの連載、モデルなど音楽活動以外にも多方面に才能を発揮している。

チケット購入はこちら
PAGE TOP